シワ・ほうれい線をなくしたい

シワ・ほうれい線をなくしたい

シワ・ほうれい線とは

真皮のコラーゲンの劣化や減少、表情筋の委縮、脂肪組織の構造の劣化などがシワ・小ジワ・ほうれい線の原因といわれています。コラーゲンとエラスチンによって弾性と伸縮性が保たれますが、それらが減少するとで表皮を支えられなってしまい部分的に落ち込みが生じます。この溝がシワとなります。また、小ジワやちりめんジワの主な原因には水分不足が考えられます。肌のターンオーバーが正常に働かなくなり、角質がはがれて水分が逃げ出し、皮膚が硬くなり萎縮することで生じます。また表情ジワは、真皮の下層にある表情筋の運動により現れます。知らない間に癖になっている表情が長年にわたってシワを作ってしまうこともあります。

シワ・ほうれい線の原因

・乾燥
乾燥肌でなくとも、季節の変わり目や冷暖房などで肌が乾燥し、真皮の水分が蒸発することで皮膚は硬くなって萎縮し、肌の弾力やハリが失われてしまいます。それによって小ジワを引き起こす原因となります。

・紫外線
真皮が衰えるとたるみの原因になります。紫外線を受けることにより真皮が衰え、コラーゲンやエラスチンがダメージを受け、肌内部からの落ち込みにより肌の弾力やハリが失われ深いシワになります。

・加齢
年齢を重ねることにより真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減少し、肌はハリを失ってシワやたるみを引き起こします。口元に浮き出るほうれい線が特徴的です。

・生活習慣
長年、同じような表情筋の形を作っていると、皮膚にもその影響が出てきます。額や目尻の表情ジワが特徴的です。

シワ・ほうれい線の種類

・乾燥小じわ
乾燥小じわとは、乾燥によって肌の表面の角層のうるおいが失われ、肌表面がカサついてできる細かいちりめん状のシワです。

・加齢じわ
加齢に伴い、真皮のコラーゲンやエラスチンなどの減少・劣化によってできる深いシワです。紫外線による影響が大きいといわれています。

・表情じわ
目もとや眉間、額などの表情をつくり出す筋肉「表情筋」が収縮を繰り返すと表情筋が緊張してできるシワです。

SSCビューティークリニックのシワ・小ジワ・ほうれい線の治療例

シミには様々な種類があり、その症状により治療法を選択します。肌に広がる薄いシミであればピコレーザートーニングや光治療(IPL)で治療します。濃く大きなシミを除去したい場合はピコレーザーによるピコスポット治療をお勧めします。このページでは当院でのレーザー治療についてご案内いたします。
症状だけではなく、患者様のご都合に適した治療法をご提案いたします。

ピコレーザーピコトーニングピコフラクショナル
ピコトーニング治療は、ピコレーザーを用いて皮層内のメラニンを破壊することで肝斑やくすみを改善します。レーザーのエネルギーがより深部まで届くことで、即時的な引き締め効果と長期的に真皮層内のコラーゲン線維とエラスチン線維の増産を促し、ハリとツヤのある肌を再生させシワに効果的です。
ピコフラクショナル治療は、肌の生まれ変わりを促進し、若々しい肌を取り戻します。毛穴の開きやニキビ跡にも効果以外にもラーゲンの活性化によるリフトアップ、肌全体の美白効果が期待されます。

・ロングパルスレーザー
ロングパルスヤグレーザーは深部にまで熱が入る特徴があり、引き締め作用が強くシワに効果的です。

HIFU(ハイフ)
HIFUは切らない「眉・あご下・首」のリフトアップを目的とした施術です。ウルトラセルQ+は、SMAS(筋膜)と呼ばれる深い層に熱を加えて引き上げます。コラーゲンを再生する為、シワ、小ジワを浅くし、若々しい肌に整えシワ・たるみを改善します。

フォトフェイシャルIPL
フォトフェイシャルは表皮層のメラニン色素に反応し、小じわには数回の施術で改善が期待されます。治療回数を重ねることで肌全体の様々な症状の改善が期待されます。

ハイドラフェイシャル
水流の力を利用し皮脂や角質の除去と同時に保湿を行う医療機関専用のピーリングマシンです。乾燥が原因の小ジワ・ちりめんじわに効果的です。ダーマビルダーというペプチド配合体によりシワを除去し筋肉をリラックスさせる効果があります。術後のダウンタイムなく毛穴を内側から引き締めハリのある肌となります。

メソアクティス
メソアクティスは針を使わずコラーゲンやヒアルロン酸、ボトックスなど複数同時に確実に導入することができます。コラーゲンやヒアルロン酸、成長因子などの美容成分を大量に皮膚の深部まで有効成分を導入することで肌の滑らかさ、ハリ・弾力の改善が期待されます。

メディカル美容鍼
メディカル美容鍼とは、東洋医学の考え方に、西洋医学の解剖学や生理学の知識と技術を合わせたものです。
鍼によって微細な傷をつけることで創傷治癒反応がおこり、コラーゲンやエラスチンの産生が誘発され、肌のハリへとつながり小じわには効果的です。また、鍼の刺入部位の血流がよくなるため、新陳代謝が活発になったり、硬くなったり緩んだ筋肉が良い状態に変化するのを促します。

・水光注射(ヒアルロン酸注射)
粘調性のある物質を注入することにより、肌に刻まれてしまったシワを目立ちにくくします。保水性が高いため、肌のハリや弾力にも効果的です。

・水光注射(ボトックス注射)
額、眉間、目尻などの表情ジワに筋肉の動きを抑制する薬剤ボトックスを直接注入し、表情筋の動きや緊張を抑制し、シワ・たるみを改善します。水光注射で極めて微量のボトックスを皮膚の浅いところに注射する方法で筋肉の表面繊維だけの働きを弱めることによって、皮膚の表面を滑らかにしたり、自然な表情を保ちシワだけを和らげる治療です。