シミ・肝斑をなくしたい

シミ・肝斑をなくしたい

シミ・そばかす・肝斑とは

ひとくちにシミと言ってもその種類は様々です。一般的には、肌内部で過剰に生成されたメラニン色素の沈着によって生じるものを指します。加齢と共に皮膚再生のサイクル、ターンオーバーが鈍ると、古い角質と同様、沈着した色素が肌に蓄積されてシミが色濃く浮き出てきます。そばかすは年齢を重ねるごとに薄くなりますが、ケア次第では目立つようになることも。肝斑もシミの一種ですが30代以上の女性に多く現れ、紫外線だけでなくホルモンバランスが関係すると言われています。

シミ・そばかす・肝斑の原因

・紫外線
メラノサイトが刺激されることでシミの原因であるメラニンが増加します。年齢を重ねると肌の新陳代謝が滞るため、メラニンが排出されずに留まりシミとして出現します。

・ストレス
精神的なストレスを受けると脳下垂体からメラニン細胞を刺激する物質が分泌されシミになることがわかっています。

・ホルモンバランス
ストレスや体調不良によりホルモンバランスが崩れることで、黄体ホルモンがメラノサイトを刺激し、肝斑が出現する原因になります。

・生活習慣
コーヒーなどカフェインなど刺激の強い食品を過度に摂取したり、睡眠が不規則であることで免疫力が低下し、メラニン増加の原因となりシミが出現します。

シミ・そばかす・肝斑の種類

・老人性色素斑
シミの境目がはっきりしていて、色が均一で濃いのが特徴です。紫外線を浴びることによる老化現象が原因で現れます。若い頃に日焼けした人ほどできやすく、早い人では10代から出現します。

・色素沈着
年齢に関係なく、ニキビや化粧かぶれなどの皮膚の炎症が原因にで出現します。紫外線を浴びることで悪化して濃くなることもあります。

・そばかす(雀卵斑)
鼻を中心に小さな斑点で出現します。遺伝性の物が多く、日焼けをすることでで悪化します。20代後半から薄くなることも多くあります。

・肝斑
頬や鼻の下、額に左右対称に出現する少しぼやけたシミ。30代を過ぎた女性に多く現れ、紫外線だけでなくホルモンバランスの崩れが関係するといわれています。

SSCビューティークリニックのシミ・そばかす・肝斑の治療例

シミには様々な種類があり、その症状により治療法を選択します。肌に広がる薄いシミであればピコレーザートーニングや光治療(IPL)で治療します。濃く大きなシミを除去したい場合はピコレーザーによるピコスポット治療をお勧めします。このページでは当院でのレーザー治療についてご案内いたします。
症状だけではなく、患者様のご都合に適した治療法をご提案いたします。

ピコレーザーピコスポットピコトーニング
ピコスポット治療は、ピコ秒で発振するレーザーでシミの元となるメラニン色素を破壊します。施術時に輪ゴムではじかれた程度の痛みがあり、施術直後はシミの色が少し濃くなります。ナノ秒で発振するレーザーのスポット治療にくらべて肌へのダメージが少ない為、治療後に炎症性色素性沈着のリスクが少ない治療が可能です。
ピコトーニング治療は、低出力のピコ秒で発振するレーザーを広い範囲で持続的に繰り返し照射します。低出力で照射することで、高出力レーザーでは悪化してしまう肝斑を徐々に薄くしていきます。またくすみ等の薄いシミにも効果を発揮します。

・Qスイッチルビーレーザー
シミの原因であるメラニン色素に吸収される694mmの波長をもつレーザーを照射し、茶色や黒い色素だけ破壊します。シミ・そばかすの症状の状態に応じてパワーを調節します。肝斑治療には使用しません。

フォトフェイシャルIPL
フォトフェイシャルは表皮層のメラニン色素に反応し、広範囲のシミ・肝斑・くすみ・そばかすなどの肌トラブルを改善することが可能です。治療回数を重ねることで肌全体の様々な症状の改善が期待されます。

ピーリング
シミ・そばかす・肝斑の症状に適したピーリング治療を行います。
ハイドラフェイシャルはピーリング効果に加え、保湿・ハリ感の向上や美白といった美肌効果も期待できます。乾燥や肌荒れも起こりにくく、ダウンタイムもありません。メソアクティスやレーザー治療のの前処置として行うとより効果が上がります。

イオン導入
トラネキサム酸はメラニンの生成を抑え炎症を鎮め、肝斑や色素沈着に効果が期待できる治療です。またビタミンCの美白効果と共に肌荒れ改善を同時に実現し、日焼けした肌にも適しています。

メソアクティス
メソアクティスは針を使わずコラーゲンやヒアルロン酸、ボトックスなど複数同時に確実に導入することができます。コラーゲンやヒアルロン酸、成長因子などの美容成分を大量に皮膚の深部まで有効成分を導入することでシミや肝斑の改善が期待されます。